認定看護師専門に扱う求人サイト

看護師が求人を探す場合には取得している資格によって、より有利な条件の医療機関を求めます。
専門看護師資格や認定看護師資格を取得しているひとの場合には、それらに特化した人材紹介会社や、転職サイトが存在しますので利用することをお薦めします。

欠員があまり出ないものなので、求人は一般公開はされずに人材紹介会社や転職専門サイトや、
懇意にしているコンサルタントに委ねられることも多いので、その点を活用してください。

公益社団法人・日本看護協会(東京都渋谷区神宮前5-8-2)が設置した資格認定制度とは、
専門看護師、認定看護師、認定看護管理者の3つがあります。
これらは5年毎に認定更新がされています。

専門看護師と認定看護師は、その分野を特定しているものです。また、認定看護師と認定看護管理者は、教育機関の認定を行っています。
看護界内外を一本化したもので、制度委員会、認定委員会、認定実行委員会が設置されているものです。

専門看護師制度は1994年に制度が発足し、認定看護師制度は1995年に発足。認定看護管理者制度は1998年に制度が発足しました。

医療の高度化や専門化が進んでいるので活躍の場が増えつつあります。
専門看護師資格取得者は1,044名認定看護管理者総数は1,992名になっています。
認定看護管理者の教育課程はファーストレベル、セカンドレベル、サードレベルの3課程です。
「専門看護師」「認定看護師」「認定看護管理者」の名称は日本看護協会の登録商標になります。

なお、参考までに、日本看護協会では、奨学金制度が設けられています。
認定看護師教育課程奨学金と、石橋美和子がん看護CNS奨学金があり、
前者は、認定看護師教育課程受講者が対象で、学費、生計費の貸与を行っています。
後者は、看護サービスの向上を目的とした看護の理論的、実践的教育研修を受ける看護職員を対象にしたもので、奨学金の貸与制度があります。

転職サイトや、人材紹介会社への登録は、複数しておくことがより良い転職のコツのようです。
自分の希望や条件を詳しく伝えることで、無理かと考えていたことまでが叶えられたという話も多々あります。諦めないでじっくり取り組むことも良い方法です。
希望条件の例としては、研修費用の補填の点、院外研修や学会参加の条件とその費用負担の点、
専門看護師や認定看護師が先輩にどの位在籍しているのかなどがあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です